メタボリックと言われたら

健康診断の結果。。

【メタボリック】と言われました。。。

08041002

40を過ぎると会社ではそれなりの立場に。

お付き合いだってしないといけないし。

ストレスだってたまります。

 

頭の固い上司と、柔らかすぎてついていけない部下に挟まれて、お酒の量も増えています。

 

お酒が大好きになるのは、この年代の勲章みたいなもんだと思っていました。

それなりに不摂生をしているから、いつかこの日がやってくるとは思っていました。

 

あなたもきっと同じなんでしょうね。。。

 

『メタボリック』

別名を 『内臓脂肪症候群』

father_soft

内臓脂肪が付いている内臓脂肪型肥満と「高血糖」「高血圧」「脂質異常」のいずれかの症状が合併した状態を指すそうです。

 

運動といえば会社への通勤くらいです。

休みの日も出来ればノンビリしていたいタイプ。

お付き合いのゴルフくらいが運動っぽい事ですが、ゴルフ場でも飲んでばかり。

gorogoro_ojisan

お医者さんの脅しは

『このままだと高血圧・糖尿病・血栓症・心筋梗塞・脳梗塞などの、命に関わる病気になりますからね。』

e4a9068a

という言葉でした。

 

でも、出来るだけ楽して内臓脂肪を減らしたい!!

この思いは誰にも譲れません。

 

大好きなお酒を減らして、食事メニューも和食の味気ないもの中心に。

お昼ご飯は、雑穀米をメインにしたOLみたいなお弁当。

 

降りる駅を一つ前に変えて、とにかく歩くこと。

休日も運動をして。

p157

それだけすれば、『メタボリック』 『内臓脂肪症候群』は改善される事は分かっています。

 

でも。。

 

付き合いを断るなんて自分には出来ません。

お酒を控える事も無理でしょう。

お酒に合うお摘みも手が伸びます。

0-99

ストイックにすることは最初から無理だと。

自分を一番理解している自分が、内臓脂肪を減らすにはどうすればいいのか?

 

ギリギリのラインで見出した方法をご紹介します。

 

内臓脂肪がつく理由

あなたも、勿論知っていると思います。

内臓脂肪がつく理由。

 

身体に悪い生活をサラリーマンはしないといけません。

 

運動不足と食生活の乱れです!

これ以外に何があるのでしょうか?

 

内臓脂肪は女性より男性につきやすいのです。

img04

 

ホルモンの違いも内臓脂肪には関係しています。

中年男性と内臓脂肪は最大の敵ですね。

 

 

運動はしたくない

正直言って理解はしています。

運動をすると内臓脂肪が落ちることくらい。

 

知っていましたか?

内臓脂肪は皮下脂肪と違い、燃焼しやすい脂肪です。

 

あなたが運動は大好きだというなら、ガンガン運動すれば内臓脂肪なんてあっと言う間に減っていくでしょう。

でも、出来るだけ楽をして、出来るだけ我慢をしなで内臓脂肪を減らすこと。

illust05

それが、私の使命です。

結果にコミットしたいのです。

 

落ちやすい食事

とりあえず多少の我慢は仕方ない。

一週間のうちの半分を我慢して半分を好きな物の日に。

 

内臓脂肪を減らす為に、奥さんに協力してもらいました。

会社帰りにブックオフへ。

syokuji1

 

一昔前に流行ったような本ですが、参考になります。

ざっと見て分かることですが、和食中心に変えること。

shokuji

出来るだけ奥さんにお願いして、和食中心のお弁当を持参しました。

(でも、週の半分ですが)

 

残りの半分も、お蕎麦などを選ぶようには注意しました。

gi

晩ご飯も和食中心に。

 

お酒は量を減らしました。

我慢は難しいので。。

 

量はいつもの半分以下に我慢しました。

缶ビール350mlを1本。

焼酎のロックを1杯。

osake1

本当は缶ビール1本か焼酎1杯のどちらかにしないとダメみたいです。。

でも、休肝日を週のうちに2日作るようにしました。

 

この二つのポイントを注意することが大事です。

 

3つの方法

私が楽してメタボリックから返り咲いた方法は下記の3つのポイントです。

我慢弱い私が何とか出来た方法なので、あなたなら私より早く効果が出るかもしれません。

 

1 食事改善

食事改善は上記のように和食中心に。

でも、たまにはガッツリと揚げ物やお肉なども食べていました。

 

我慢し過ぎて途中で諦めるよりも、ストレスを溜めない事を優先したらうまくいきました。

リバウンドして、病気になったりしたら元も子もないですし。

 

食事改善のツボ

まごわやさしい

これは昔から言われている身体に優しい食材だそうです。

まごわやさしい

  • ま:豆
  • ご:ゴマ
  • わ:ワカメ
  • や:野菜
  • さ:魚
  • し:椎茸
  • い:芋

お昼に何を食べようか悩んだときは、まごわやさしいを意識すると良いです。

 

2 レコーディング

某タ○ニタの体重計を真っ先に買いました。

体脂肪率や内臓脂肪を計測できるタイプです。

 

体組成計と記載されているタイプです。

内臓脂肪レベルを測れて、標準や肥満などを測れるもので十分だと思います。

 

はっきり言って体重を測るなんて会社の検診以外ですることはありませんでした。

ダイエットを気にするタイプならメタボリックにはなりませんから。(笑)

 

一昔前に流行ったレコーディングではないですが、とにかく毎日測りました。

 

朝起きて、トイレに入ってから計測。

夜ご飯を食べてお風呂に入ってから計測。

 

これを行うと、少し減ってきたら嬉しくてモチベーションが上がります。

増えると多少なりとも気にして、食事改善が出来ました。

 

 

3 サプリメント

最初はドラッグストアで見つけた下記の物を購入しました。

楽をしながら内臓脂肪を減らす。

この難問にトライするには、何かもう一つ運動に替わるポイントが必要だと思って探しました。

 

img_025

内臓脂肪を減らす関係の物は色々と出ています。

 

自分には合わなかったのか、あんまり効果が感じられなかったので色々と調べてみました。

そこで、見つけたのが

【ラクトフェリン】です。

 

名前を聞いたことがないようなメーカーの物はちょっと不安でしたし。。

でも、ライオンさんは大手です。

そこが先ずポイントが高かった。

 

ライオンさんのホームページを見ていて発見。

  1. 内臓脂肪を減らすのを助ける
  2. 高めのBMIの改善に役立つ
  3. それを世界初の発見

 

まさしく今の私の悩みを解決してくれそうな感じです。

 

そこで、ラクトフェリンってなに??って思い少し調べてみました。

 

ラクトフェリンとは

難しくいうと【多機能たんぱく質】と言われます。

ほ乳類の母乳に含まれる成分です。

 

健康を維持する様々な働きを担っているのがラクトフェリンです。

ラクトフェリンは熱に弱いので、市販の牛乳などでは熱処理されているので摂取するのが非常に難しいです。

 

ライオンのラクトフェリン 1日分は、熱処理していない搾りたての牛肉(生乳)の1リットル分に相当します。

 

期待される効能は

効能・作用 内容
1. 免疫調整作用 発がん予防、感染予防
2. 抗菌・抗ウィルス作用 ピロリ菌や歯周病菌の抑制
3. ビフィズス菌増殖 大腸内のビフィズス菌を増やし腸内細菌のバランスを調整
4. 鉄吸収調節作用 貧血の改善
5. 抗炎症作用 関節炎、大腸炎の改善
6. 脂質代謝改善作用 内臓脂肪の低減(ライオン㈱の研究)

 

ラクトフェリンが腸まで元気に届くと内臓脂肪に直接働きかけてくれるそうです。

 

腸に有効な菌も届かないと意味がないと言うのは聞いたことがありました。

ラクトフェリンも同様に届かないと内臓脂肪には作用してくれません。

 

ライオンの特殊コーティング技術で胃で溶けずに腸まで届かせてくれます。

だから、内臓脂肪に直接働きかけてくれます。

 

効果を感じる人は早くて1か月位で体感できます。

私は楽して改善をがテーマだったのですが、2ヶ月目で違いが感じられました。

 

効果は個人差があるとは思いますが、内臓脂肪をテーマにしたサプリメントではライオンのラクトフェリンが頭一つ抜けている感じがします。

 

ラクトフェリンよりも効果が出た!?!?

しばらくは市販のラクトフェリンを使っていました。

 

すると友人が、

『俺が飲んでいるシボヘールはスゴクいいぞ!!』

と教えてくれました。

正直、ラクトフェリンを飲んでいた期間を返してほしいと実感しました。

これ、良かったですスゴク!

 

脂肪が気になる人は一度覗いてみてください。

 

 

PS

妻にメタボと言われた35歳男性の話。

これは私の事例です。
3年間で約30キロ程太ってしまいました。
3年前の体重は56キロで身長は170だったので少し痩せている程度、スタイルは良い方でした。
会社を辞めて独立をきっかけにタバコを辞めました。そのあと自分の会社の業績などのストレスから食事をするとまとめ食いをする様になりました。
1日3食だったのですが、1回の食事が2人分程食べていた様な気がします。
人間、不必要な養分はすぐ身体に付くもので、1年程で20キロは太ってしまったと思います、そして残り1年でダラダラとやく10キロ程、、。

以前は運動もしていてそれが幸いしてあまり太らなかったのですが、やはり30を過ぎると少し運動をしてもなかなか痩せず、いつまでも体型が分からない状態でした。
妻にはお腹の肉をつかまれて、メタボリック!!と言われ、詐欺だとまで言われていました。
このままでは愛想付かされると慌てて体質改善に取り組みました。

私が試した方法は糖質制限ダイエットと運動の両立です。
まず、食事をしないでダイエットするのはとても遣り切れる自身が無かったですし、それが元で更にストレスなどといった典型的なパターンにはなりたくなかったので、糖質の高い食品だけを食べない様にする事にしました。
米やパン、パスタなど大好きな物が食べれなくなったのはキツいですが、その分、糖質の少ない果物や海草類、野菜を中心としたスープやサラダをメインにしていきました。

ビックリする事に、体重は3ヶ月で10キロも落ちました。
もちろん食事だけでなくウォーキングや仲間との草サッカーなどで汗も流していましたが、ここまで早く落ちてくるとは思っていなかったのでビックリです。

順調に体重も落ち、現在は8ヶ月たちトータルで21キロ落としました。
身体も締まってきていてメタボを感じていた腹回りも筋肉が付いてきています。
目標まであと9キロですがここからは運動の質を少し変えて、筋力などもあげつつやって行こうと思います。
筋力が付けば脂肪を燃焼しやすい身体に変わるので、ここからがホントの体質改善かもしれません。

同じ様にメタボ体験でお悩みの方は軽い糖質制限ダイエットとウォーキングなどはじめてみると良いかもしれません。
体重計に乗る楽しみも増えてくると思いますし、奥様や彼女さんからの評価も変わってくるでしょう。

 

健康も取り戻したかったので頑張りました。

仕事が忙しい日々が続いて夜中に大量にカップラーメンやお菓子を食べる毎日が続いて体重がどんどん増加していきました。

自分でウエストや体重を測ってもメタボリックであることはわかっていましたが、会社の健康診断でお医者さんにあらためて注意されて改善しようと思い立ちました。
まず改善策として始めたのが運動です。

 

運動と言っても激しいものではなく、毎日ウォーキングを30分続けて近くの公園の遊具で体を動かすようにしました。

公園の遊具は子供遊び場と考えていましたが、鉄棒やうんてい、平行棒など結構体の部分的な肉を落とすのに役立ったせることが出来ました。

 

ウォーキングは有酸素運動でもあり内臓脂肪も落ちるのですぐに効果が現れるので継続できたんだと思います。
次に始めた改善策が食事制限です。

 

特に糖質は抑えるようにしていました。

テレビやネットで話題になっている糖質制限を実際にやってみるとどんどんお腹がへこみウエストが縮んでいきました。

 

糖質制限は、糖質を完全になくすわけではなく少し摂取量を抑えてタンパク質を大目に取るようにしていました。

タンパク質を多くとることによって筋肉を増加させて新陳代謝を促し消費カロリーを増やすのが目的でした。

反対に糖質は体重増加の原因になるので減らしたというわけです。

 

具体的にどのような食品を控えたかというと、米、パン、パスタ、ラーメン、根菜類です。

野菜も糖質制限を始める前までは全て食べていいと思っていましたが根菜類には糖質が多く含まれていることを知ったので控えるようにしました。

 

糖質制限は始めてから1週間ぐらいは辛いですが、その後は慣れてきて継続することができています。
次に始めた改善策がサプリメントや健康維持を摂取することです。

 

現在はネットで内臓脂肪を減らしやすくするサプリメントがたくさんあったのでそこから選んで飲むようになりました。

これは効果が前述した2つよりは出ていないのであまりおすすめはできないです。